詳しく知る

一戸建てと国旗

不動産投資をする際にはローンを味方に付けましょう。
十分な担保価値がある投資物件であれば、頭金を多く積まなくても済みます。
このことを利用することで、自分が購入しようとしている投資物件が資産価値のあるものなのかどうかということが判断できます。
不動産投資においてローンを利用した場合の、もう1つのメリットは、自分の手持ち資産以上の資産で運用をすることができるということです。
金融機関からお金を借りることで、純資産は変わらなくても総資産が膨らみます。
総資産を膨らませる前と膨らませた後では同じ利回りならば膨らませた後の方が収入は増えます。
そして借入金利よりも高い利回りで運用することができれば、最終的に自分の手元にいくらかの利益が残ります。

つまり、他人のお金で自分のための収益を生み出すことができるというわけです。
金融機関はバブル期に不動産投資をする人や会社へ積極的に融資をして、その後、不良債権となってしまったために、融資に慎重になっていた時期がありました。
しかし、長い時間を経て、今、再び不動産投資に対する融資に積極的になり始めたところもあります。
しかし、今回はどこにでも貸し出すという姿勢ではなく、その人の収入と、購入しようとしている投資物件の担保価値をしっかりと審査したうえで、融資をしています。
そのため、誰でも簡単に借りることができるというわけではありませんが、信用度が高くなれば、金融機関の方から融資の話を持ってきてくれるようになりました。